ちょっと呟いてみる

日々の戯言、写真、旅行記、好きな音楽、格言、Minecraftプレイ記録

知床 Re:vise day2

昨日の続き、本格的な旅の始まりです。
昨日言ってませんでしたが、今回は両親同伴です。両親が元気なうちに、"日本中を引きずり回さないと"。

旭川紋別自動車道→白滝PA/奥白滝IC/道の駅「しらたき」

走行距離が如何せん長いので、ところどころで休息を意図的に入れる。まずは白滝PA/奥白滝IC/道の駅「しらたき」…って、もともとトイレだけのPAだったのが、道の駅「しらたき」が併設されるようになってSAになり、さらにスキー場やキャンプ場にも近いことからICも設けられたという変遷を持つ場所。
第1次知床探訪でも訪れている。
terra-khan.hatenablog.jp
このときは白滝産の黒曜石も販売していたのだが、今回はなかった。ジオパークに登録されたから、自由に採掘できなくなったのかね。

道の駅「しらたき」→旭川紋別自動車道遠軽瀬戸瀬IC→道道463号→国道333号→国道39号→美幌バイパス→道道64号/国道39号→道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」

旭川紋別自動車道を進む。先の第1次探訪では終焉が丸瀬布だったので道の駅「まるせっぷ」に寄ったが、瀬戸瀬まで伸びたので今回はスルー。で、このまま後述する美幌に進むつもりだったのだが、どうにも時間が余るので道の駅に寄ることにした。
が、あいにくの小雨模様。ほぼトイレ休憩状態だった。この時点では…

道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」→道道64号/国道39号→美幌バイパス→美幌市街地→肉の割烹田村本店

今回の旅での当初の予定では道の駅「はなやか小清水」でカレーを食べる予定だったのだが、美幌に有名な店があるというので行くことに。
www.fmc-tamura.co.jp
しかし11:30開店、11:45に到着したのにすでに予約でいっぱいで、記名ボードには「60分待ち」の文字が。短気な親父は諦めるだろーなー、と思っていたのだが…
「60分? 待つよ」
へ? 珍しいこともあるもんだ。ということで待つことにしたのだが…先に食事を終えたグループが早く退店したのと、予約にキャンセルが出たとかで、60分どころか20分ちょいで席につけた。しかし、俺たちが並び始めてすぐに長蛇の列ができたあたり、人気店なんだなぁ。


ランチメニューの「牛サガリ ガーリックステーキ」。本当は「スタミナ焼定食 (牛タン・牛心・塩ホルモン)」も考えたんだが、母が「あんたこんな安いのでいいの?」とか言うので(宿泊・クルージング代は俺持ち、ガソリン・昼食代は両親負担)、邪道に走るのは止めた。でも、「まかない定食」とか「ビーフカレー」とか、"ひねた"選択をしてみても、よかったかもね。

美幌市街地→国道334号→道の駅「ノンキーランドひがしもこと」→道道102号→国道244号→小清水原生花園

美幌で給油ののち、両親がOKを出してくれたので、天候は悪いが俺の希望で小清水原生花園に行くことに。
途中で道の駅「ノンキーランドひがしもこと」に寄る。北海道の道の駅も随分増えたものだ。
道道102号を北上。途中で「何か見覚えがあるな…」と思ったら、あぁ、12年前に来てたわ。
terra-khan.hatenablog.jp

藻琴湖(2007年9月25日撮影)


過去の思い出はともかく、小清水原生花園へ向かう。

小清水原生花園


小雨ぱらつく。両親は早々に観光案内所の休憩室に引っ込み、俺は園内を一巡することに。

JR原生花園


ここは相変わらず。

エゾカンゾウ

()

()

()

()

()

小清水原生花園→国道244号→道の駅「はなやか小清水」→国道244号→国道334号→道の駅「うとろ・シリエトク」

途中の道の駅「はなやか小清水」はスタンプ獲得&トイレ休憩。そこから先はもう小雨どころか本格的に雨が降ってきたので一目散にウトロへ。道の駅「うとろ・シリエトク」に行けばおおよその土産物が手に入る。コケモモの加工品(ジャム・ケーキ)はオススメですよ。
utopia-shiretoko.co.jp
お土産を調達して、出発。ウトロの温泉街、高台を登ると到着するのが、今日の宿泊地「しれとこ村」。
www.shiretoko-mura.jp
検索では旧「つくだ荘」で出てくるかも。どういう経緯かは詳細は知らないけれど、玄関ホールは真新しく見えるものの、旧館・温泉館は客室にトイレ・洗面なし、共同トイレ・洗面所の昔ながらの宿泊所。謎の渡り廊下の先に、今回宿泊する部屋がある新館があるが、こちらは本当に建てたばかりのモデルハウスのような内装。建て増ししたんだろうなぁ。
風呂は全面木張りで広めなのでこれはオススメ。食事はリーズナブルなものから、時鮭・毛ガニも揃えた高級膳まで幅広い。かなり沿岸から離れるので窓からの風景は一切望めないが、コスパは悪くないと評価している。カメムシ? んなもんこの大自然真っただ中のウトロで明かりつければどこでも集ってくるに決まってるだろうが(山側なので他のところより"多少は多い"だろうが)

夜の動物ウォッチング day1

今回は2夜連続で申し込みました、知床ネイチャーオフィスさんの「夜の動物ウォッチング」でございます。野生動物に会いたいなら、プロに任せるに限ります。過去2回、お世話になってます。

子ギツネ

親ギツネ

キツネの親子


残念ながらキツネ以外にはお目にかかれず。
では、また明日。

当blogの記事全文の転載は固くお断り致します。原著作者(Terra Khan)の氏名を表示した引用、トラックバックは構いません。
「Terra Khan's Photo Gallery」の写真はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの指定に準じ、原著作者(Terra Khan)の氏名を表示し、非営利の場合に限り自由に使用できます。ただし、改変したもの(二次著作物)を公開する時、同じライセンスにする必要があります。各写真の署名の記載の通りです。