ちょっと呟いてみる

日々の戯言、写真、旅行記、好きな音楽、格言、Minecraftプレイ記録

知床 Re:vise day5

おはようございます。最終日です。
昨日のエントリはこちら。
terra-khan.hatenablog.jp

実家→富良野エリア

就実の丘へ至る農道

就実の丘

旭野やまびこ高地

ベベルイ零号線

富良野エリア→道道135号→国道452号&rarr:三段滝

「ファーム富田」で土産物を購入したあと、「富良野市 ぶどう果汁工場」に寄ったのだが、ぶどうジュース生産は今季までだと! まぁ、さてあらん。ここに観光客が来ているのを見たことがない。
さて、富良野大橋を渡って国道38号から道道135号に入る。いつぞや説明したが、富良野から札幌へ抜けるルートの1つである。天気が良ければ南富良野を経由して占冠まで行ったのだが、上記の通りどうにも天気が良くない。それで三笠に向かうことにしたのだ。その途中にあるのが三段滝。

三段滝

三段滝→国道452号道道116号→三笠市立博物館

桂沢湖で国道を離れ三笠へ向かう。天候不順でも楽しめる、それが博物館。

三笠市立博物館



三笠周辺一帯は白亜紀アンモナイトの化石の産地。写真のものは実物で、手に触れることができる。アンモナイトはもちろん現生のイカ・タコの仲間で海生動物なので、同じ海生動物である"海に生きた爬虫類"の化石も出ている。

エゾミカサリュウの頭骨化石レプリカ


これ、当初はティラノサウルス科の肉食恐竜の化石では? と沸き立ったのだが、のちにモササウルス類と判明し"恐竜ではなかった"ことが分かったのである。
”恐竜"に関しては、また後日別のエントリで。

三笠市立博物館→道道116/917/30号→国道234号道道3号→「ユンニの湯」

三笠市立博物館からひたすら市街地を避けて由仁町の温泉「ユンニの湯」へ。
www.yunni-spa.com
ここは火山性温泉が多い北海道の温泉のなかで比較的少数の「アルカリ泉」。

「ユンニの湯」→国道234号→追分町IC;道東自動車道/道央自動車道

高速道にのり帰宅。5日間の総走行距離1671.0km。お疲れさまでした。

当blogの記事全文の転載は固くお断り致します。原著作者(Terra Khan)の氏名を表示した引用、トラックバックは構いません。
「Terra Khan's Photo Gallery」の写真はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの指定に準じ、原著作者(Terra Khan)の氏名を表示し、非営利の場合に限り自由に使用できます。ただし、改変したもの(二次著作物)を公開する時、同じライセンスにする必要があります。各写真の署名の記載の通りです。