ちょっと呟いてみる

日々の戯言、写真、旅行記、好きな音楽、格言、Minecraftプレイ記録

Minecraft Redstone機構における頑健性(robustness)

地図の作成や村人との取引のために、サトウキビを育てて製紙する必要がある。
それで、縁あって見つけた、この自動サトウキビ収穫装置を、各地に建造していた。

(※作るのをおすすめしません)【Minecraft JE】 回収率ほぼ100% 全自動サトウキビ畑
ところが、何時しかタイトルに「※作るのおすすめしません」の語が。YouTubeのコメントで何故と訊いてみたら、「フライングマシーン式のほうが、圧倒的に収穫量があるからです。」とのこと。
なるほど、とある動画*1の、オブザーバーブロック、ピストン、スライムブロックで構成されるフライングマシーンを広大なサトウキビ畑に構築して刈り取る方が、大量に収穫できた。しかし…
6年も同じデータでプレイしていると、開拓領域Ökumeneが広大で、各方面に出かけることが多い。となると、戻ってきたときにフライングマシーンが途中で勝手に止まっている場合が多数生じるようになった。出発前に停止させていたこともあったのだが、やっぱりうっかり忘れるし、バグなのか勝手に動き出していたことも頻回。しかもどこかを1ヶ所入れ替えればよいというものではなく、始点から構築し直さなければ再起動しない。…まぁ、この点は機構を「あーそういうことね 完全に理解した」状態の俺が悪いんだろうが…。
フライングマシーン式のほうが、圧倒的に収穫量があるのは事実だけれど、頻回に再構築を要するようでは困る。冒頭で紹介した装置は、確かに収率は及ばないかもしれないが、環境負荷に動じず安定して動作し続けられるという点において、頑健性が高いと言えるのではないか。効率だけが、Redstone機構の評価される点ではないと、俺は思う。

で、今日もまた建設するのだ。

*1:その動画を非難する気はないので伏せますが

当blogの記事全文の転載は固くお断り致します。原著作者(Terra Khan)の氏名を表示した引用、トラックバックは構いません。
「Terra Khan's Photo Gallery」の写真はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの指定に準じ、原著作者(Terra Khan)の氏名を表示し、非営利の場合に限り自由に使用できます。ただし、改変したもの(二次著作物)を公開する時、同じライセンスにする必要があります。各写真の署名の記載の通りです。